関東学園大学2019
16/54

専門教育科目エクステンション(課外講座) 1年次2年次3・4年次目指せる資格・将来像● 日商簿記検定● ファイナンシャル・プランニング  技能検定● Microsoft®Oce Specialist● ニュース時事能力検定● 各種業界の企業● 金融業(銀行、信用金庫)● 食・農関連企業● 観光関連企業目指せる資格将来像経済学入門Ⅰ・Ⅱ経済史Ⅰ・Ⅱ公共経済学6次産業化論地域経済デザイン論環境と経済6次産業化論フィールドワーク研究Ⅰミクロ経済学マクロ経済学経済統計金融論日本経済史Ⅰ・Ⅱ地域と経済西洋経済史Ⅰ・Ⅱ経済学史観光まちづくり論経済政策総論財政学総論フィールドワーク研究Ⅱ日本経済論サービス経済学社会保障論産業組織論国際経済学食と農の経済学労働経済学観光と経済環境経済学地場産業論演習Ⅱセミナー・演習フレッシュマンセミナーソフォモアセミナー演習Ⅰキャリア演習Ⅰ・Ⅱ▼詳細はP34~35をご参照ください「観光」「食と農」「地場産業」の分野を学び、地域経済を盛り上げる人材になるいま地域社会で求められているのは「地元を元気にできる」人材です。自然・歴史・文化・食・人など、地域に埋もれている元気のタネを発掘し、持続可能な活性化策をプランニングすること。その際に重要なことは「市民協働」の考え方のもと、地域ぐるみで取り組み、課題解決と新たな価値創造(ソーシャルデザイン)を目指したプランニングをすることです。それらを担える人材になることを目指します。高校で商業を学んでいて経済に関心があり、一方で地元の軽井沢に貢献したい思いも持っていました。その両方を学べる点と、オープンキャンパスで学生広報チームの先輩方が魅力的だったことが、私が関東学園大学を選んだ理由です。「金融論」では金融とは何か、銀行の融資や収益について幅広く、深く掘り下げて学びました。また、地方創生事業の実務経験のある先生の授業で、人を呼び込む魅力的なまちづくりのために、論理的思考力の大切さを知りました。講義だけではなく伊豆熱川の観光農園を訪問し、地域活性化を考えるフィールドワークにも参加しました。こうした学びを通じて、表現力や主体性などが伸びました。将来は、地元で起業に挑戦することも考えています。経済のことや地域のことを掘り下げて学べる点が魅力 さん経済学科 3年長野県立小諸商業高等学校 出身太田市内にてフィールドワーク地域経済デザインコース経済学科14Y.N

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る