関東学園大学2018
37/54

就職支援公務員は、小さい頃からの目標。それを意識し、大学では「地方財政の経済学」等の講座や公務員試験対策の課外講座を受けていました。吹奏楽サークルの活動に熱中し、学園祭での演奏が良い思い出です。また、自分の意見を積極的に述べるのが苦手で、克服すべくディベート大会出場も経験しました。努力の甲斐もあり、一次試験がディベートの太田市採用試験を突破。ひたすら自分の意見を主張するのではなく、相手の意見を踏まえた上で自分の意見を述べられる柔軟性が必要だと思います。太田市役所に就職し、当初の8年間は本庁で市民課窓口業務。その後、地域の行政センターで書類発行や福祉関係に携わった後、生涯学習担当として講座・講習の企画運営業務を経験しました。本庁時代と比べると、地域の住民との距離が近く、より密なコミュニケーションを実感。企画に対する地域住民の反応を直接伺える機会も多く、やりがいにつながっています。 M.Mさん経済学科 平成15年3月卒業勤務先:太田市役所公務員という仕事に必要なバランス感覚重視のコミュニケーション力住宅展示場に勤務し、新築住宅の販売営業をしています。電話でのアプローチからご契約、アフターフォローまで業務は多岐にわたります。お客様とは深く長いお付き合いになりますので、信頼感が大事。尊敬できる営業所長や先輩方を見習って、誠意を持ってお客様と接するよう心がけています。お陰様で昨年、契約棟数と売上金額において入社2年目の社員の中で1位を獲得し、関東表彰を受けることができました。大学時代はバスケットボール部に所属。就職活動は3年生の早いうちからキャリアサポートグループに毎日通って指導を受け、地元企業を中心に小売業やサービス業など10社ほど受けました。集団面接では目立つように眼光を輝かせながら(笑)、率先して発言するようにしました。社会に出ると「人間力」が大事だなと痛感します。部活や勉強、資格取得などあらゆることに頑張って、様々な経験を積んでおくといいと思います。 K.Hさん経営学科 平成27年3月卒業勤務先:群馬セキスイハイム株式会社真面目にコツコツ2年目にして関東表彰を受賞35

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る