関東学園大学2019
8/54

大泉町役場地元・大泉町役場の総務部安全安心課で、防犯や交通に関わる仕事をしています。事故が起こりそうな道路にカーブミラーを設置したり、詐欺などの事件を防ぐためにチラシを配布したりと、業務内容は多岐にわたります。休日でも、事件や災害などが発生すれば駆けつける必要があり気は抜けませんが、暮らしが改善して住民の方々から感謝された時は、嬉しさとやりがいを感じます。大学生活は、特に後半の2年間に勉強をコツコツと頑張りました。先生方のもとに通い、職員の方にも相談しました。きめ細かなサポートは本当にありがたかったですし、公務員を目指す学生さんにはどんどん大学を頼ってほしいと思います。地元出身の職員では気づかないようなことに着目できる視点が金子さんにはあると思いますし、期待しています。大泉町をより住みよい町にして感謝されることがやりがい公務員の仕事について、入学当初は漠然としたイメージでした。その印象が変わったのがインターンシップです。地元の市役所でボランティアやイベント運営の業務に携わり、窓口業務だけでなく、イベントなどを裏方として支える仕事があることを知りました。夏休みや春休みも先生に指導していただきながら勉強に打ち込み、試験前は「4年間頑張ったから大丈夫!」という心持ちでした。大学のディベート大会で優勝するなど、コンピテンシーである論理的思考力や表現力を伸ばしたことが、面接での話し方などに良い影響をもたらしたと思います。大泉町役場を選んだのは、もともと好きでよく通っていたこと、大学で役所の方の話を聞いていたことなどが理由です。伊藤さんのような先輩の存在は心強いですし、大泉町の観光面をさらにPRできるよう覚悟を持って仕事をしたいです。本学で伸ばしたコンピテンシーが内定へとつながりました卒業生内定者 さん経済学科平成30年3月卒業群馬県 関東学園大学附属高等学校・館林市 出身 さん経済学科平成28年3月卒業群馬県 関東学園大学附属高等学校・大泉町 出身06H.KY.I

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る