関東学園大学2019
9/54

サンデンホールディングス株式会社本学学長企業採用ご担当者可欠な能力だと考えています。齋藤:なるほど、本学には6つの能力を伸ばすコンピテンシー育成プログラムがありますが、「人間力」を含め、まさにそうした社会人としての基礎能力の育成を目的としています。:当社にも関東学園大学出身の社員が6~7名いますが、グループをまとめる立場で活躍している人が多いですね。以前、留学生向けのセミナーを開催した時、参加していた関東学園大学の留学生がしっかりとリーダーシップや主体性を発揮していて、幅広くコンピテンシー教育が浸透している印象を強く受けました。齋藤:国籍に関係なく、学内では自ら考えて行動することが求められます。自分が社会で何をしたいのかなど、卒業後の進路を考える際にもこうしたスタンスは役立つと思います。:主体的に行動できる人は、つまり自分の行動に責任を持てる人ということ。無責任に不満だけを言うことは誰にでもできますが、関東学園大学の学生のように問題に対して自分で行動を起こし、結果につなげていく姿勢こそ社会では評価されます。齋藤:コンピテンシー教育が社会で活躍する人材づくりに結びついていることを卒業生の評価からお話しいただきありがとうございます。今後もより一層、地域の要望に応えうる人材育成に取り組みます。本日は貴重なお話をありがとうございました。:当社はカーエアコンや自動販売機の開発製造・販売などを行い、国内のほか世界23カ国で事業を展開しています。齋藤:グローバル企業として、人材の採用時にはどのような点を重視しているのでしょうか。:創業の精神や企業理念への共感はもちろんですが、さらに「技術力」と「人間力」の有無を見ています。技術力については、技術者でない場合はマーケティングや営業などのスキルが該当しますね。また、国内でも海外でも仕事を進める上ではチームワークが大切。リーダーシップや主体性に代表される「人間力」は、ビジネスの現場で不チームワークで仕事をする際に求められるのが「人間力」関東学園大学の学生は主体的に行動できる人が多い齋藤 大二郎 学長学長地方創生研究所 研究所長様総務人事本部 人事統括室人財管理部 部長地域社会の要望に応えうる人材を養成群馬県伊勢崎市に本社を置き、カーエアコンや自動販売機などの開発・製造を世界23カ国で行っているグローバル企業。07T.O

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る